休診日以外に 休診、診療時間の変更などがございます。来院される際には、休診のお知らせ をご確認ください。
都合により、表示されている受付終了時間より早くに受付が終了することがありますのでご了承ください。

小児科 小児科全般
  (風邪、発熱、発疹、長引く咳、きたない鼻水、鼻づまり、アレルギー性鼻炎、花粉症、目やに、耳痛、中耳炎、気管支炎、ゼイゼイ、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、あせもなどの湿疹、とびひ、じんましん、食物アレルギー、心雑音、頭痛、嘔吐下痢症、腹痛、便秘症、肛門出血、ひきつけ、おしっこの異常、夜尿症、おりもの、発達および成長障害など、お子様の気になる症状がありましたらご相談ください。)

お母様の風邪、アレルギー疾患(気管支喘息・アレルギー性鼻炎・花粉症)も診察いたします。
健康診断 (火曜・木曜) :  完全予約制 乳幼児健診 : ※受診の際にはご予約のうえ、健診票をお持ち下さい。
    6-7ヶ月健診、9-10ヶ月健診(都内23区内にお住まいの患者さまは無料です)
    1歳半健診 (足立区内にお住まいの患者さまは無料です)
    家庭福祉員(保育ママ)入所健診(足立区内にお住まいの患者さまは無料です)
        
入園・入学時健診、各種健康診断は有料となります。
栄養士による栄養相談
予防接種(月・火・木・金曜) :  完全予約制 四種混合(DPT-IPV)ワクチン、二種混合(DT)ワクチン、麻疹・風疹(MR)ワクチン、水痘ワクチン、おたふくワクチン、不活化ポリオワクチン、日本脳炎ワクチン、麻疹ワクチン、風疹ワクチン、インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチン、b型インフルエンザ菌ヒブ(Hib)ワクチン 13価型肺炎球菌ワクチン、23価型肺炎球菌ワクチン ロタウイルスワクチン 子宮頸がん予防ワクチン(2価型、4価型)

休診日 水曜・日祝日
診療科目 ※午前・午後診など 診察時間 祝日
一般診療(午前) 09:00~11:45 × × ×
予防接種・乳幼児健診 11:45~12:00 × × × ×
予防接種・乳幼児健診 15:00~15:00 × × × × ×
一般診療(午後) 15:30~17:30 × × × ×
専門外来(土曜のみ) 14:00~15:00 × × × × × × ×

●:診察可 ×: 休診 ▲:完全予約制 : 予防接種(月・火・木・金)、乳幼児健診(火・木)、慢性疾患の専門外来(土)
大人の方の受付終了は17時15分までです。一般診察は、予約された患者さまが優先となりますが、予約なしで受診されても随時診察いたしますのでご安心ください。具合の悪い患者様、初診の患者様は早めにご来院ください。また、上記時間より早く受付を終了する場合がありますので来院の際はご確認ください。予防接種・乳幼児健診の時間帯および土曜午後の専門外来診療は感染予防のため一般診療の患者さまの入室はお断りいたしておりますのでご注意ください。

◆生まれたばかりの小さなお子さまも来院される小児科専門のクリニックですので、スタッフ一同、院内感染の予防を徹底して実施しています◆
(1)身体にボツボツなどの原因不明の発疹のある患者様、感染力の強い伝染性の病気の患者様(はしか、水ぼうそう、おたふくかぜなど)は、
   通常の出入口とは別の感染隔離室にて診察をいたします。

(2)院内では「咳エチケット」を実施中です。
   咳やくしゃみなどから風邪などをうつし、また、もらいあわないために、来院される患者さまにはマスク着用の協力を
   お願いしています。
   最初は嫌がるお子さまも次第にマスク着用ができるようになりますので、ご安心下さい。

◆小児科・感染症専門医の立場からお子様にとってもっとも必要と考える治療を行います◆
  子どもは大人のミニチュア版ではありません。
  子ども特有の病気、症状、服用しないほうがよい薬など小児科専門医としての医療を提供します。
  一般にお子様によくみられる「風邪」はウイルス感染によることが多く、ほとんどの場合抗生物質は必要ありません。
  抗生物質を含めどのような薬も効果があることもあれば、逆に害をおよぼすこともあり、必ずしも薬を飲むことが最善の治療ではないのです。
  当院では、来院されたお子様の年齢、病状をきちんと把握した上で、個々のお子さまにとってもっとも必要と考える治療を西洋治療および漢方治療にてご提案いたします。
  詳しい検査、入院、小児科以外の専門医の診察が必要と考えられる患者さまには病院・診療所と連携し迅速な対応を心がけます。
  (おもな連携先の病院・診療所は、東京女子医大東医療センター小児科、博慈会記念総合病院、順天堂大学附属順天堂医院、
   鈴木耳鼻咽喉科医院、たちばな眼科などですが、患者さまが希望される病院・診療所をご紹介いたしますのでご安心ください)
  当院の看護師(塚越)は、長年にわたって埼玉県立小児医療センターにて勤務した小児科専門の看護師です。
  困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。

  お子さまにとって、ワクチンで防げる病気はわずかです。防げる病気だけでも予防して、大切なお子さまの健康を守りましょう。
  当院では、お子さまにとって最適なスケジュールをご提案いたします。また数種類の同時接種も行っております。
  生後数ヶ月の間は数種類のワクチン接種が必要です。ワクチンスケジュールは、生後1ヶ月を過ぎたころにご相談にいらしてください。
  予防接種のスケジュール相談は、母子手帳をお持ちのうえ、外来にてお願いいたします。
  電話による予防接種相談は、医療安全の観点からお断りさせていただきますのでご了承ください。

◆院内設備◆
   迅速CRP測定装置: 病気の炎症度合いの把握に利用します。検査時間5~10分程度。
   迅速血球測定装置: 血液成分の白血球を測定し、診断に利用します。検査時間5分程度。
   各種病原体迅速抗原検査: 溶連菌・アデノウイルス・インフルエンザウイルス・RSウイルス・マイコプラズマなどの診断が可能です。
   吸引・吸入装置、経皮酸素飽和度測定器、乳幼児専用身長体重計、高圧蒸気滅菌器など。

           
◆世界中のこどもたちの「教育支援」「食糧支援」「栄養改善」「医療保健」などを支援するお手伝いをしています◆
   院内で販売しているマスク代金はすべてチャリティ募金として
   国際援助団体(NGO)「Save The Children セーブ・ザ・チルドレン(http://www.savechildren.or.jp)に寄付をしています。
   院内に支援レポートが掲示してありますのでぜひご覧下さい。
   平成28年度の寄付金総額は12,455円(熊本震災復興募金6,853円含む)でした。ご協力どうもありがとうございました。
   今後ともご理解ご協力よろしくお願いいたします。


ワクチンで予防できる病気があります

<待合室>
大きなミッキーマウスのフィギュアがお出迎え。

<待合室>
やわらかいクッションマットのプレイコーナー。授乳室完備。

ページの先頭に戻る