内視鏡検査(大腸カメラ)について

大腸カメラは、食事制限がありますので、事前診察が必要です。
事前診察時に実施予定日を決めます。
胃カメラの同日施行を希望される方は、
まず胃カメラを実施した後、大腸カメラを実施します。

検査当日は、早ければ8:15~20頃より前準備を始めます。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
https://arai-hospital.jp/contents/daichocamera.html

内視鏡検査(胃カメラ)について

胃カメラは、予約なしでも来院当日の検査が可能ですが、
検査前に食事をされていないことが前提です。ご注意ください。
https://arai-hospital.jp/contents/icamera.html

過敏性腸症候群

このような症状がある方は、過敏性腸症候群かもしれません。

・お腹の調子が長期間(数ヶ月)不調、もしくは痛みがある
・便通異常(下痢や便秘)が続いている
・便の形が悪い時期が続いている
・排便をすると痛みが一時的に和らぐ
・排便の回数が不規則

長年悩まれているようでしたら、本格的な検査を行うことをお勧めします。
これらの症状は、がんなどの重篤な病気でもありうる症状ですので、
放置しないで、確認したほうがいいと思います。
詳しくはホームページをご覧ください。

https://arai-hospital.jp/contents/shitsubyo/kabinseichoshokogun.html

逆流性食道炎について

この様な症状がある場合は、逆流性食道炎の可能性があります。

・胸焼け
・慢性的な吐き気
・みぞおちの辺りの頻繁な痛み
・胃の不快感
・げっぷ(がよく出る)
・喉がつまる(感じがする)

なお、治療は、胃カメラ・内視鏡検査を行い、
がんなどのより重篤な病気でないことを確認されてから
開始されることをお勧めします。
検査をせずに治療を開始し、なかなかよくならないということで
そこで初めて検査をしても病気が進行してしまっている可能性があります。

現在では、胃がんは早期発見ができれば治る可能性の高い病気になっています。
症状がないまま進行する場合もある中で、症状があるのであれば、
早期に検査することをお勧めします。

当院であれば、朝食をとらずに来院されれば、
来院当日の胃カメラ・内視鏡検査が可能です。
症状がある方は特に、お気軽にご相談ください。
詳しくはホームページをご覧ください。

https://arai-hospital.jp/contents/shitsubyo/gyakurhuseishokudoen.html

ページの先頭に戻る