安芸区役所となり、海田市駅徒歩4分とアクセス良好です。

安芸区役所となりというアクセス良好な場所で、総合病院と同等の最新医療をご提供しています。

安芸区役所の隣というアクセス良好な場所で、総合病院と同等の最新医療をご提供しています。
白内障をはじめ各種日帰り手術、レーザー治療、硝子体内注射などの手術療法に力を入れていますが、地域のホームドクターとして、日常的な結膜炎、ドライアイ、眼鏡・コンタクト処方まですべての目の病気に対応しています。
院長の小池生夫(いくお)は広島大学卒、九州大学眼科出身です。九州大学病院、飯塚病院、福岡県立嘉穂病院眼科部長をへて、故郷、広島の地で開業いたしました。
専門は緑内障などの眼底疾患です。
地元船越、海田町はもちろん、安芸区(矢野、中野、瀬野、畑賀、阿戸)、安芸郡(府中町、坂町、熊野町)、南区(向洋、堀越、青崎、大州)からも多くの患者様にご来院いただいています。
予約不要ですので、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

気が早いように思われるかもしれませんが、今年のスギ花粉の飛散状況の予想が入ってきました。広島県は例年比160%とかなり多く飛散します。
これは、前年の夏が記録的猛暑だったため、スギの成長がうながされてしまった結果です。
飛散開始予想は2/20から2/25と例年より少し遅めです。しかし、飛散開始予想の、数週間前から、微量に飛び始めるため、2月はじめから、内服や点眼を開始されたほうがよいでしょう。
当院では、各種点眼薬はもちろん、内服薬(眠気が出にくい最新世代のもの)や点鼻薬も投与し、花粉症のトータルケアをおこなっています。
抗アレルギー系の点眼は多数あります。抗ヒスタミン剤と、化学物質遊離抑制剤があります。
効ヒスタミン剤のほうが、使用されることが多く、アレジオン、パタノール、ザジテン、リボスチンなどです。
比較的早く痒みを抑える作用があります。アレジオンがコンタクトレンズ上からでも使用でき、よく処方されます。
化学物質遊離抑制剤には、インタール、リザベン、アレギサール、ケタス、アイビナールなどがあります。効果は緩やかで、2週間ほど点眼して効いてきます。
これらに、症状が強い場合、ステロイド剤(リンデロン、サンベタゾン、フルメトロンなど)や、非ステロイド消炎剤(ブロナックなど)を組み合わせて治療します。
また、アレルギーの原因検査にも対応することで『本当に花粉症なのか、ほかにアレルギーがないのか、食べ物アレルギーがないのか』といった疑問にもお答えできます。1歳以上の小児でも対応可能な最新検査キット;イミュノキャップラピッドも導入しています。(他院では低年齢で断られるケースもあるようです)

医療機関名 こいけ眼科
診療科目 眼科 
住所 広島県広島市安芸区船越南3-27-26  [ 地図 ] powerd by google map
電話 082-847-2772
最寄り駅 安芸区役所となり、海田市駅徒歩4分、芸陽バス・広電バス「船越町」バス停すぐ
ウェブサイト URL http://koikeganka.com/
ブログ URL http://koikeganka.com/news/
休診日 日祝日、火曜土曜午後
診療科目 ※午前・午後診など 診察時間 祝日
午前 09:00~13:00 × ×
午後 15:00~18:00 × × × ×

●:診察可 ×: 休診 ▲:火曜日のみ午前受付12時までです。
火曜日は月1回臨時休診となります。電話・HPでご確認ください。コンタクトレンズ・眼鏡処方は受付30分前までです。まったくはじめてのコンタクトレンズ処方はお電話での予約が必要です。

  • 専門医
  • 駐車場あり
  • 女医
  • バリアフリー

アイコンの説明を見る

ページの先頭に戻る