安芸区役所となり、海田市駅徒歩4分とアクセス良好です。

安芸区役所となりというアクセス良好な場所で、総合病院と同等の最新医療をご提供しています。

安芸区役所の隣というアクセス良好な場所で、総合病院と同等の最新医療をご提供しています。
白内障をはじめ各種日帰り手術、レーザー治療、硝子体内注射などの手術療法に力を入れていますが、地域のホームドクターとして、日常的な結膜炎、ドライアイ、眼鏡・コンタクト処方まですべての目の病気に対応しています。
院長の小池生夫(いくお)は広島大学卒、九州大学眼科出身です。九州大学病院、飯塚病院、福岡県立嘉穂病院眼科部長をへて、故郷、広島の地で開業いたしました。
専門は緑内障などの眼底疾患です。
地元船越、海田町はもちろん、安芸区(矢野、中野、瀬野、畑賀、阿戸)、安芸郡(府中町、坂町、熊野町)、南区(向洋、堀越、青崎、大州)からも多くの患者様にご来院いただいています。
予約不要ですので、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

当院の再大の特徴は、市内で最高水準の白内障手術をおこなっていることです。広島東部地区(安芸区・安芸郡・東区・南区・東広島市)で初導入となる、最新鋭機械:米アルコン社センチュリオンを使用しています。難症例をのぞき、ほとんどの手術は約5分で終了いたします。痛みも点眼の麻酔だけで感じることはありません。
また、乱視を治す眼内レンズ、老眼を治す、多焦点眼内レンズなど、国内のすべての眼内レンズをとりあつかい、幅広い見え方のニーズにお応えできます。
乱視矯正眼内レンズは健康保険適応ですので、通常の手術と料金は変わりません。
多焦点眼内レンズは自由診療で高額となりますが、それだけのご満足は得られると思います。当院では、ジョンソン&ジョンソン社のシンフォニーと、テクニスマルチフォーカルを、ご希望をうかがい、組み合わせて使用しています。
目の手術に対して恐怖心を感じられる方は少なくないと思います。当院では、それを取り除くため、さまざまな対策をしております。
まず、術前説明には十分な時間をお取りしています。ご希望の場合、ご家族にも同席いただけます。
患者様の職業、運転の頻度、趣味などを細かくお伺いし、現在使用できるレンズはたくさんございますので、患者様にとって最適なレンズを、ご一緒に選択していきます。
また、術前説明の後、実際の手術室の手術ベッド上で予行練習:シュミレーションをおこなっています。これは、当院独自のもので、手術の際の緊張をやわらげる目的でおこなっています。
さらに、手術後には、患者様全員に緊急連絡用の電話番号をお渡ししています。夜間でも対応いたしますので、安心して術後を過ごしていただけます。

医療機関名 こいけ眼科
診療科目 眼科 
住所 広島県広島市安芸区船越南3-27-26  [ 地図 ] powerd by google map
電話 082-847-2772
最寄り駅 安芸区役所となり、海田市駅徒歩4分、芸陽バス・広電バス「船越町」バス停すぐ
ウェブサイト URL http://koikeganka.com/
ブログ URL http://koikeganka.com/news/
休診日 日祝日、火曜土曜午後
診療科目 ※午前・午後診など 診察時間 祝日
午前 09:00~13:00 × ×
午後 15:00~18:00 × × × ×

●:診察可 ×: 休診 ▲:特殊
火曜日は月末に1回臨時休診となります。電話・ホームページでご確認ください。

  • 専門医
  • 駐車場あり
  • 女医
  • バリアフリー

アイコンの説明を見る

ページの先頭に戻る